旅行前にB型肝炎に関して弁護士に無料相談

ニュージーランドやオーストラリアに旅行に行く場合、
B型肝炎について弁護士に無料相談してみると良いでしょう。
B型肝炎ウイルスの場合、潜伏期間は1か月から半年となっています。
そのため旅行などでB型肝炎ウイルスに感染した可能性があっても、
1か月程度は待たないと検査結果が分からないことになります。
B型肝炎ウイルスへの感染に気づかない人も多く、
症状が出てから分かることが多くなっています。
潜伏期間が長いウイルスであるため、
知らないうちに他の人に感染を広げてしまうこともあります。
日本国内に昔から存在するウイルスならそれほど心配する必要はないのですが、
外国から持ち込まれたウイルスは感染力が強いので
慢性のB型肝炎になる確率が高いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です